CookingHusbandのいつでも真冬なブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS かぶらの素焼き

<<   作成日時 : 2007/06/29 13:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ここら辺りで、Have a Break !! ←どこかで聞いたCMのフレーズ!?

画像

Really(本当)Cook(料理)したのは今年1月(←マイパソコンのDestroy『破壊』直前あたり)でありますが、
この料理、ちょっニしたReasons(事情)あって、なかなかintroduction(紹介)できずにいたレシピになります。
↑↑あの『○ー○柴さん』のようにかなりクドイ英単語を並べていることにようやく気づきましたので、そろそろ文章の暴走に終止符を打ちたいと思いますm(__)m

で、実は、相方(wife)のお知り合いがご自身のブログで紹介されていたものを、
我が家でも作ってみたという経緯いやまさに敬意のレシピでありま〜す♪

○玄米を美味しく楽しむ 〜新発想の玄米食ダイエット〜
http://blog.goo.ne.jp/zaiz_japan/e/1ad797f8ffea059bc18d93920e7be27c

今回、参考にさせていただいたお知り合いのブログは、
マクロビオティックの観点から普段の家庭料理を考えておられて、最近出来るだけ健康志向のレシピを探求している私にとっては、非常に興味のそそられるレシピが食卓に並んでおられます。

○マクロビオティックとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF


では、我が家で作ったときのレシピを紹介っ

○材料
かぶら(葉付き):1本

1.かぶらは櫛形に切り、その若芽や新葉と共に塩をして少し置き、ペーパータオルで拭きます。
2.若芽や新葉は、電子レンジを使って火を通しておきます。
3.かぶらは、フライパンで弱火でじっくり両面素焼きにして、軽く塩を振って味を加減します。
4.写真のようにお皿に盛り付けたら出来上がりです!!


元のレシピでは、葉茎は刻み、胡麻油で炒めて酒と醤油で調味。花鰹を塗して。。。
というような具合で仕上げてらっしゃいましたが、今回は、炒めずにただ添えてみました。
我が家でも同様に葉茎の処理は 花鰹 + 黒ゴマ + じゃこ を混ぜて同じように作ることがあります。

元記事にコメントのあった、、、
さっくり噛めば、馨しさと妙なる甘さに思わず口元が綻ぶ味。

まさにこの味覚、私の口元でも綻んで仕事帰りの心身ストレスも快方へ、、、
心の綻びも癒されて家族団欒、会話も一層弾む忘れられない一品となりました♪


料理ブログランキング に参加しています。
お料理を評価いただけた際には、、、
バナー↓↓をそれぞれクリック(投票)していただければ幸いですm(__)m
画像
にほんブログ村 料理ブログへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
料理レシピ紹介サイト: 蕪(かぶ/かぶら)カブ/カブラ ブログでCookin
「蕪(かぶ/かぶら)カブ/カブラ」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
料理レシピ集(投稿募集中)byブログでC...
2007/10/03 00:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
かぶらの素焼き CookingHusbandのいつでも真冬なブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる